スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの技術を垣間見た瞬間。

萌原みかりんです。

今日、2週間程前に治療した歯の銀歯を詰める為に
歯医者に行って来ました。

しかし、そこで奇妙な事が起こりました。

左下の奥歯に銀歯を被せるだけの筈なのに、
噛み合わせの調整を行う際に
普通なら被せる予定の銀歯を削って調整するところを
何故か左下の奥歯と噛み合わさる位置にある
健康な筈の左上の奥歯を削る女医さん。

そして噛み合わせの調整が終わり
銀歯を被せて治療は完了したのですが、
そこで女医さんが歯の模型を使って
左上の歯を削った理由を説明してくれました。

話によると、左上に生えている親知らずが
今後今回削った隣の歯を圧迫する事で
噛み合わせが変わる可能性がある為に、
あらかじめ隣の歯を削っておいて
噛み合わせが変わってしまわないようにしたとの事でした。

自分としては単に銀歯を被せて貰うだけのつもりだったのに、
そこまで計算していたとは流石プロだと思いました。

歯科医すげぇ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。