スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ2

萌原みかりんです。

サイクリックAMPによる心筋と平滑筋収縮機能調節の相違|骨格筋の機能

受容体と細胞内情報伝達系(1)|細胞の基本機能

100のこと その90 全力でPDE-Ⅲ阻害薬

医療用医薬品の違い・比較

薬の名前についているSR・CR・LA・RMって何の略?-アルファベットの意味について解説-

鎮痛剤(痛み止め)

環状ヌクレオチド(cAMP、cGMPなど)については非常に分かり難い部分が多々あるので以下に要約しました

・β受容体刺激→アデニル酸シクラーゼ活性化→cAMP濃度上昇
・cAMP濃度上昇→心機能増大、平滑筋弛緩、、血小板凝集抑制、脂肪分解、グリコーゲン分解促進、インスリン分泌促進、TNF-a・IL-12などの炎症性サイトカイン産生の抑制
・カテコールアミンはβ受容体刺激作用によってcAMP濃度上昇
・キサンチン誘導体(カフェインなど)はcAMPの分解酵素であるホスホジエステラーゼⅢ(PDE-Ⅲ)を阻害する事によってcAMP濃度上昇
・β受容体はβ1、β2共にGs共役型の受容体である(β1=心機能増大、β2=平滑筋弛緩)
・PDE-Ⅲ阻害薬→cAMP濃度上昇
・PDE-Ⅴ阻害薬→cGMP濃度上昇
・硝酸薬(ニトログリセリンなど)→cGMP濃度上昇(PDE-Ⅴ阻害薬と併用禁忌)
スポンサーサイト

自分用のメモ。

萌原みかりんです。

Gタンパクの話

アドレナリン受容体

セロトニン受容体のサブタイプ

セロトニンとセロトニン受容体の種類

筋弛緩薬の違いを比較

活動電位を(脱分極・閾値なども含めて)分かり易く解説します!

今勉強中の内容を分かりやすく解説されているサイトをピックアップしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。